2020/07/01.Wed

正直ものが報われる世界



新型コロナウイルスの影響で、
売上が激減したり、
水揚げ量がさがったりして
大変な方の
給付金や融資の申請のお手伝い、
してます。


パソコンに詳しくない人にとっては
難しい電子申請などを
パパパッとやってます。


さて、そんな中
困った相談も。


申請が終わって、
「あと何かありますか?」
と聞くと
「よく分からない、インターネットの請求が来て、困ってる」
と。


話を聞くと、
なんでも、
いきなり電話がかかってきて、
無料だからインターネット回線をひきませんか?
ポイントもあげます!
と言われるそうです。


スマホも持っていない、
漁師町の人に、
インターネットネット回線は必要ないのですが、
タダだし、ポイントもらえるようだし、
とりあえず加入してしまいます。


すると、
3ヵ月後から
いきなり月に8,000円もの請求がきて、
「払わないと督促状を送る」
と、
物々しい文章が書いてあります。


怖くなって、
しかたなく払い続けているそうです。


で、
契約の内容とか見せてもらったら、
もう、引いてあるのに
新しい電話番号が登録されてたり、
オプションという名の
得体の知れないものがたくさんついてます。


で、
周りの方に聞いたら
皆さん同じ会社の回線をひいて
請求に困ってるようでした。


ということで、
今日、
困ってる皆さんに集まってもらって、
僕が代理となって、
一斉に解約の手続きをすることにしました。


しかし、
解約料とかなんとか、
色々書いてあります。


なんとか交渉して
良い形で解約したいと思っています。


この新型コロナウイルスの影響で、
収入が減った分、
支出を減らそうと家計を見直した時、
おかしな契約に気付くことが多々あります。


これからは、
どうぞ、
正直ものが報われる世界、
正直であることが、尊い世界がくることを願って
戦ってきます!
スポンサーサイト



未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2020/06/08.Mon

アワビより美味しい!?



今日も近所の漁師さん宅に、ノートパソコンを持って、コロナウイルス関連の給付金の申請のお手伝いに。
この電子申請というのは、なんて難しいんでしょ。パソコンにかなり詳しいはずの僕でも四苦八苦しました。これ、パソコンに詳しくない人には諦めろ、言ってるような気がします。
でもめげずに無事終了。最近の漁の話なんかをして帰ろうとしたら、「これどうぞ」と出てきたのが、
もはや、アワビより美味しいといわれる「トコブシ」という貝です。それを秘伝の煮付けにしてくれてました。
いやはや、この漁師町に住んでても、1年に1日食べられるかどうかの貝がたくさん。
美味しい頂きます!!
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2020/05/31.Sun

今日も素敵な一日を



真っ直ぐな人がいる
愚直で、融通が効かなくて


でも
とても強い信念と
大きな愛と
優しさを
持っている人


不器用で
自分に嘘をつけなくて


それが
世の中とか
普通とか
平均とか


そういったモノサシでは
はかれない


本当は
とても
とても
素晴らしいこと


でも
今までは
なかなか
そういった事が
日の目をみなくて


なぜか
世の中の隅っこに追いやられて




でも、
このコロナの世界では


これから
とても大切にされていく
素晴らしい
生き方




東日本大震災を通じて
出会った
我が町を愛する人たち


海を相手に
過酷な自然の中で
漁を営む人たち


自分の信念に基づいて
ひたすらものづくりを
する人たち


愛する人のために
お金とか
経済とか
そういったことを抜きに
ひたすら動き続ける人たち




僕が出会った
全ての人たちに
素晴らしい未来が待っている
そのことを
ただただ願います


今日も
素敵な
一日を
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2020/05/24.Sun

巨大真鯛



近所の漁師さんから連絡があり、


「真鯛」があるから、取りに来て、と。
一応クーラーボックスを持って行ったら


全然入りません、、、!!!


デカイです。


台所では捌けないので、
お風呂場に持っていって
お刺身、昆布締め、酒蒸し、煮付け、
などなど、3日ほどかけていただきます。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2020/05/18.Mon

お金のいらない世界











今、僕は、
新型コロナウイルスの影響で
魚の値段が下がり
とても困っている地元の漁師さんたちの
給付金の申請のお手伝いなんかをしています。


飲食店などが営業しなければ、
魚を食べる機会が減り、
需要と供給の関係で、
魚の値段は、
いつもの年に比べて、
10分1くらいになったりします。


なかなか、
こうした第一次産業の人たちの
厳しい状況は伝わっていません。


また、
なぜか中小企業融資は、
漁業者は対象外になったり、
皆さんパソコンが苦手だったりするのですが、
Web申請のみだったり、
申請書がネットでダウンロードだったり、、、


一番漁師さんの現状を知っている水産庁の人が、
難しい経営用語で申請基準を書いたりするので、
日本語が読めません。
意味が分からないのです。


なので、
何度も水産庁や漁業連合に電話して、
なんとか分かりやすく書いてくださいとお願いしています。


すこーしずつですが改善されてきているので、
これからも、どんどん要望を伝えて、
みんなで共に乗り越えていきたいと思っています。




で、
僕のこうした行動は、
ボランティアです。
一切お金は頂きません。


お金に困っている人を手助けするのに、
お金をもらう、というのは
なんだか変な感じなのです。


だから、こう提案します。


「僕の得意なパソコンでお手伝いするので、
漁師さんの得意な魚と交換しましょう」


と。


もう、何件も給付金のお手伝いをしているのですが、
その度に、漁師さんたちは、
とっておきの魚を持ってきてくれます。


今日は、
巨体な金目鯛を煮付けて持ってきてくれました。


先日は、甘鯛や鯖、イサキ、マハタなども頂きました。


さらに、
漁師秘伝の美味しい食べ方を教わっています。


炙ったり、湯引きしたり、
2日ほど寝かしてみたり。




これは、
僕がずっと願っていた世界
「お金を使わない、得意な事で物々交換」
の世界なんです。


現在、新型コロナウイルスの影響で
世界中が鎖国のような状態になっています。


食糧自給率の低い日本は、
輸入が制限されて、
これから食料危機がやってくるかもしれません。


そういったときに、
自ら食べ物を作ったり、獲ったりできる
第一次産業の人たちは、
最強の職業になると思っています。


さらに、
輸入に押されて、年々下がっていた魚の値段も、
正規の値段で取引されるようになり、
ちゃんとした報酬が
漁師さんたちに入る世界が来ると思っています。


なので、
今、この目の前の大きな危機を、
使えるものは全部使って乗り越えて頂いて、
アフターコロナと呼ばれる時代の
主役になって欲しいと思っています。




そんな事を考えながら、
今日は、
金目鯛の煮付けと、
マハタの炙りを頂きます。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »