--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/12/27.Tue

eco japan cupで歌ってきました。

「eco japan cup 2011」
のご報告を。



僕の住む、神奈川県横須賀市長井にある
「給水塔」
と呼ばれる場所を歌った、
STAND WAVEの「給水塔」という曲を歌ってきました。



12月17日に、東京ビックサイトで
「eco japan cup 2011 エコミュージック部門」
の最終選考、公開審査会が開かれました。

「エコプロダクツ2011」
という、3日間の来場者数が18万人くらいの
ビックイベントで、
eco関連のブースが700以上出てました。

その1角に、ステージが出来て、
お客さんもいて、
審査員の方もいて。

朝、8時に入ってリハーサルして、
それで、ずっと緊張して待ってまして、
15時くらいから本番でした。

最初5分、自己紹介や曲への想いを話し、
次の5分で歌って、
最後の5分で審査員の方々と質疑応答、
となっていまして、
ただ歌って終わりではないので、
色々と想いを考えていったり、
音楽以外の部分でも、
色々とお話出来ました。

特に、僕がお話ししたかったのは、
今回のeco japan cup 2011が
「エコ復興」
というテーマを掲げているので、
僕が、被災された場所に行って音楽を届けるきっかけになった
現地の状況や、人のお話を最初に話して、
そこから、給水塔への想いを繋げました。


僕の中では、
エコであっても、
復興支援活動であっても、
本質は同じだと思っています。

つまり、
「意識を高く持つ」
ことであり、
「本質を知る」
ことであり、
「行動する」
ことだと思っています。

STAND WAVEのプロフィールに必ず書くことは、

<「生きる」「大自然」といった普遍的なテーマを歌にしている>

ということです。
「普遍」って、凄く難しいテーマなのですが、
時間が経っても色あせないことだと思っています。

「音楽で世界を変えたい」

ジョン・レノンやボブ・マーリーやボブ・ディランや。
本当に音楽で世界を変えてきた人たちの歌が今、とても心に染みます。
ずっとそう想って活動してきたのですが、
今は、もっと小さな所に心が向いています。

一人一人。一対一。

僕のキャパシティ、容量は決まっています。
だから、色んなご縁で出会った人に音楽を届けたいと想っています。

大きな事をしようとすると、
なんだか自分や周りとのひずみが生まれてしまいます。
だから、
「両手で持てるくらいの 自分を越えないくらいの」
出来る限りのことをしたいと想っています。


話がそれました。

eco japan cupでは、一生懸命歌い、話してきました。
もう、それで充分なんです。



それで、
せっかくですので、
給水塔からの素晴らしい景色を、
一日、給水塔にいて、写真を撮ってきて、
スライドショーにしてアップしました。

夕陽は凄い早さで沈んでいきます。

太陽は、いつもぐるぐる回ってます。


スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。