--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/10/30.Tue

幸せの歌を歌う



山元町で行われていた自衛隊による炊き出し
地元の方と一緒に食べさせてもらいました



岩手県と宮城県では、世帯人数に対する仮設住宅の広さが違う、ということを知り、とても驚きました。
ある夫婦の仮設住宅を見せてもらいました。
夫婦二人で1K メインの部屋は5畳ほど。ここで二人でこれから2回目の冬を迎えます。


10月28日
宮城県亘理郡山元町を訪ねました。

もう何度も来ているので、
知り合いもたくさん出来て
たくさんお話をしました。

震災から1年7ヶ月以上が経過し、
ある時期から「停滞感」のようなものが漂い
そこで暮らす人たちの気持ちが
はっきりした色として見えなくなっているような気がします。

この現状を体感すると、
すぐに、何かしなくては
と、気持ちや心が動いてしまうのですが、
最近はそういった僕の
「過ぎる」
想いが空回りしているのを感じます。

過ぎたるは猶及ばざるが如し

まさにその状態です。

でも、音楽だけは違いました。
みんなで歌を歌ったら
とても幸せでした。

ただそれだけでいいのかもしれません。

強過ぎる想いは
時に暴力的になることあります。

ならば、優しい歌を歌い
優しい気持ちでいたいと思いました。

肩書きが必要かわかりませんが
あえてつけるなら
僕は
「音楽家」
です。

優しい歌を歌い続けます
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。