--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/03/12.Tue

3月11日はとても辛かった

2013年3月11日
「東日本大震災」
から2年。

多くの方が亡くなった「三回忌の命日」


去年も、
この日を、我が町「横須賀市長井」ですごし、
今年も、
そうしました。

Facebook、Twitterなどを通じて、
被災された場所で、様々な慰霊祭やイベントが行われているのを見て、
なんだか、
この町にいることに罪悪感すら覚えたのですが、
大槌の拓ちゃんと以前話していたときに、

「3月11日は、本当は大槌にいたいけど、
 なんか人の法事に土足で踏み込んでしまう気がして、、、」

と伝えると、それがいい、と言ってくれて、
だから、
自分が震災の当日、
この町の漁港にいたので、
今日は漁港にいました。

昨日の強風とはうってかわり、
穏やかな海でした。


ほとんどテレビは見ない生活なのですが、
朝のNHKのニュースだけは、
なんとなくいつもついていて、
そのニュースに「震災関連」の話題が増えてきて、
なんだか、
テレビが怖くなって、
昨日も今日も家ではテレビをつけませんでした。

ホームセンターに行ったときに、
たまたまついていたテレビや
病院の待合室のテレビから、

大槌や三陸が映し出され、
目を背けることもできず、なんとなく眺めていました。

もう日付は変わり、
3月12日。

今朝のニュースは、いつも通り「震災関連」の話題がなくなるでしょう。

11日まで、たくさんのテレビなどを見て、
自分の中に震災を風化させないように、
とか、
あの日何が起こったのかとか、
そういった意識を持っていたら、
今日12日の、
「祭の後」
のような
とてもとても寂しい雰囲気を耐えれる自信がなかったので、
あえて意識しないようにしていました。

でも、
意識しない、なんて出来なかった。

だから、
自分の中の矛盾が苦しくて、
朝から、ずっとお酒飲んでました。

14時46分、
Twitter見ながら、黙祷しました。


「声をあげること」

僕がこうして、
ブログを書いていますが、
めったなことでコメントがつくことはないですし、
時々、「いいね」ボタンが押されることはありますが、
ほぼ無反応です。

それでも、
ずっと見てくれている人がいて、
時々見てくれている人がいて、

もう、
STAND WAVEを初めて12年以上続けてきた、
こうした「日記」「ブログ」「コラム」のようなことで、
今の僕を知ってくれている人がいて、

だから、
ここで、いつも伝えたいと思っていました。


それが、
FacebookやTwitterは「反応がある」ことにより、
手応えみたいなのを、錯覚的に感じ始めてしまい、

もっと伝えなくては、
もっと声をあげなくては、

と、
力が入り、
ミスコミュニケーションが多発し、
日々、
SNSに翻弄されはじめているのを感じています。


だから、
この、ずっと続けてきた
STAND WAVEの可児波起としてのブログ以外は、
しばらく
「手放したい」
と思ったのです。


双方向でなくていいと。


この震災以降、

「情報」
のスピード感の重要性を感じ、
積極的に使いこなそうとしてきましたが、
最後は、
「情報の渦に飲み込まれ」
ていました。


我が家には、
iPhone:2台
iPad:2台
Macノート:2台
Macデスクトップ:1台

どこからでも、
際限なく、ネットワークにアクセス出来てしまい、
気がつくと電源を入れ、
アプリのボタンを押し、
こんな日々でした。


情報が多すぎるあまり、
3月11日がとても怖かったんです。

「自分が自分で選択し、自分であればいい」

なのに、

「みんなが何してるか即座に分かってしまうから、不安や焦りが生まれる」

という、ことに気付いた日でもありました。


今日、一番驚いたニュースは、

先日、どうしても知りたくて訪ねた、
沖縄県名護市「辺野古」。

基地問題。

たくさん話して、
海をちゃんと守りたい、
基地をなくしたい、

つまり、
全てまとめて

「戦争がなくなって欲しい」

と願ったのですが、

名護漁協が、
辺野古の埋め立てを了承しました。

珊瑚豊かな海に、
コンクリートを流し込んだら、
繊細な海は、死にます。

数年で、
とかではなく、
一瞬で海は死にます。

僕の家の前の海も、
山を削り、住宅街を作ったので、
大量の赤土が流れ込み、
半分死にかかっています。

海苔を作れなくなりました。
魚がいなくなりました。


辺野古で出会い、
沢山お話しを聞かせてくれた女性が、
後日手紙とDVDを送ってくれました。

「あなたの基地問題に対する熱意に感動しました」

と。
そして、辺野古のある「大浦湾」の海の映像のDVD。

こうして人は繋がっていきます。

その女性は「私はインターネットはやらないの」と言っていました。

手書きの手紙は、
とても嬉しかったんです。

御礼を、直接会いに行って言おうと思っていた矢先の、
このニュース。

今、
何が起こっているのかを実感します。

原発は再稼働し、
TPPに参加し、
オスプレイは配備され、
円安で様々なものが値上がりし、
被災地の復興は遅れ、
放射能への賠償は打ち切られ、
中国と韓国と北朝鮮と日本とアメリカが、
みんな戦争をしようとしていて、

「誰かのせい」
にしたくてしょうがなく見えます。


「自分で選択して生きること」

2011年3月11日を経験し、
誓ったことです。


脈略もなく、
3月12日の深夜に書き綴ったのは、
今の、
僕の心の中の、

「混乱」

です。


まだ、寝れなそうなので、
もうしばらく、電気を消して目をつぶってます。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
ありがとうございます。
可児 波起 様


はじめまして。
私は、高清水 千秋と申します。

先般、可児様が
私の名前を書いた袋を持って
お訪ねくださった
大槌町の大坂 十萬里と
尚の親族です。


先週
木曜日の夜
父の妹である十萬里さんから
私に電話があり
可児様のお話しを伺いました。



ありがとうございます。


この3日間
可児様のブログで
2011年3月11日以降の日々を
一日いちにち
振り返っておりました。

いろいろな思いが溢れ出し
可児様へ
お話しさせていただきたいこと
溢れ出し

でも
コトバにならなくって

御礼が遅くなりました。


ありがとうございます

高清水一族から
心いっぱいの思いです

これからも
どうぞ
いっしょに
歩ませてください


可児様のこと伺った
木曜日の夜
とまちゃんからの電話が

誰にも言えなかった
私の苦しさ
恐さから
解放してくれました。

このこと
また
ゆっくり
可児様に
お話しさせていただきたいと
願っております。



私は東京生まれの
東京育ちですが
大槌町の血が流れているので
パソコンは苦手です。

ブログを見るのも
返事をお出しするのも
初めてなので
これで
可児様に届くのか
ドキドキしてます。


このスペースの下にある
パスワード欄

可児様のブログへ
入って行く為の
ものでしょうか

私が
新たに
設定するのでしょうか

わからないので
空欄にしたまま
送信してみます。

どうか
届きますように
祈りつつ。

高清水 千秋
Re: ありがとうございます。
高清水 千秋 さま


コメントありがとうございます。
そして、
ちゃんと届いていますよ!

パスワードの欄は、
後で削除したくなったときのものなので、
「空欄」で大丈夫です。


大槌の友人に「高清水」くんがいるので、
なんだか、色々と近く感じています。

大坂屋さんは、
実は、ちゃんとお話しするのは今回が初めてでした。

大槌で仲良くなった、
同じ年の2人が「尚」くんと仲が良くて、
さらに
大槌名産「さけ最中」は、よく食べていました。

3月11日以降のブログを読んで下さって、
こうしてコメントを下さったことを
本当に嬉しく思います。

激動の2年間で、
その中で、
様々な葛藤・不安の中、
走り抜けてきました。

僕も、
改めて自分が書いてきたことを読み返し、
自分と、被災された方々との
ストーリーを思い出しました。

大坂屋さんには、
最後に色々お土産をもらったので、
僕は「物々交換」と呼んでいますが、
「さけ最中」と「おまんじゅう」の
「のぼり」のデザインをさせて頂けることになりました。

近々このブログにアップしたいと思います。

妻の職場の方を通じて、
こうして、まさに「ご縁」が繋がっていくことを
本当に嬉しく思います。

僕ら「STAND WAVE」のホームページの
「お問い合わせ」
からメールを頂くと、
僕に直接届きます。

http://www.standwave.jp/

ぜひ、今後とも
共に歩んでいけることを願っています。

本当にありがとうございました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。